支払い 滞納

携帯電話端末代金の支払いに滞納すると載るブラックリストとは

携帯代を延滞するとデメリットがある

最近では新しく携帯電話の端末を購入すると端末代金を毎月分割で支払うシステムが導入されており、毎月の携帯電話代金は携帯電話端末代金と携帯電話料金(基本料金やオプションなど)で構成されています。

 

この携帯電話の端末代金の支払いを3か月以上滞納すると「ブラックリスト」に掲載されます。
ちなみにこのブラックリストとは実際にあるリストではなく、信用情報機関という所にこの情報が登録されることを言います。
他にもブラックリストに登録されるケースは自己破産などの債務整理をした時、債務の返済に大幅に遅れた時などがあります。

支払えないと思ったらすぐにキャッシング

 

この信用情報機関は日本には主に3箇所あり、携帯電話の端末代金の滞納については5年程度は新しくキャッシングを利用したり、クレジットカードを作ることはできません。
一度ブラックリストにこの情報が登録されるとどのような手段をとっても消すことができず、自然に消えるのを待たなければなりません。

 

最近では携帯電話の端末代金滞納でブラックリストに登録される人が増えていると言われています。
このような事態にならないためにも万が一滞納しそうになったら一時的にでもキャッシングを利用して返済し、その後は携帯電話代金を滞納しないように計画し直さなければなりません。

家賃の支払いに滞納したらどうなるの

家賃を延滞すると強制退去させられることも

賃貸住宅を選ぶ際には自分で家賃を支払っていける部屋を選ぶことは重要です。
しかし予定外の出費が重なり家賃の支払いに滞ってしまった場合、まずは貸主からの電話や訪問による催促や督促状を経て3か月程度経つと最終的には強制退去となってしまいます。

 

このような事態にならないために、家賃を滞納しそうになった時にまずは連帯保証人に相談してみる方法があります。
更に貸主に連絡を入れて「いつ返済できそうか」「少しずつでも支払うか」など相談することが重要です。
当たり前のことですが、電話や訪問の催促の際には逃げずに対応しなければなりません。

家賃の問題は弁護士などの専門家に相談

 

ちなみに家賃を滞納すると遅延損害金が発生し、金利がかかります。
つまり家賃にプラスして支払わなければならず、とにかく一時的にでもキャッシングを利用して支払うことをぜひおすすめします。
キャッシングであれば「1か月以内に返済できれば利息は無料」というサービスを行っている所も多いです。

 

稀に家賃の滞納に関して「貸主が全く話を聞いてくれない」「保証会社の家賃取り立てが厳しすぎる」などのトラブルになることもあります。
このような場合は弁護士などの専門家に相談することをおすすめします。