スキルアップ!女性に人気の資格

看護師資格

 

看護師資格は看護師になるための資格です。看護師資格を取得すれば病院や診療所などのさまざまな医療機関で活躍することが可能ですし、最近では高齢者向けの看護サービスなども行われていますから、幅広いジャンルで看護師資格を活用することが可能です。
看護師資格を取得するためには国家試験に合格しなければいけませんが、受験資格があり、看護資格試験を受験するための条件としては、文部科学大臣指定の看護学校などで3年以上は勉強をして看護師養成所などを卒業したことが条件になっています。看護師の資格試験に受験するための費用は5400円で、一年に一回だけ看護師資格の試験は行われています。
看護師資格試験の合格率は88パーセントと高くなっています。だいたい看護学校を卒業すると同時に看護師資格試験を受験して合格することが一般的ですから看護師資格を取得する際の目安となる期間は3年くらいです。
看護師資格を取得したのちには、看護師として各病院や医療機関などで働くことができます。看護学校の中には、看護師資格取得から、看護師の資格取得後の就職まですべてサポートしてくれる学校などもありますから、いろいろと調べて看護師資格を取得する学校を選ぶといいでしょう。

栄養士の資格

栄養士になるためには資格を取得しなければいけません。栄養士の資格を取得する方法としては、厚生労働大臣が指定している栄養士の養成施設で2年以上栄養士の勉強をして卒業と同時に栄養士の資格を取得することが可能です。
ですから栄養士の資格は専門学校へ通わなくては取ることができませんし、専門学校以外でも、短期大学でも栄養士の資格を取得できるところは色々とあります。栄養士の資格を取るための勉強をして学校を卒業した後には、栄養士の資格を申請して都道府県から免許証を交付してもらわなければ栄養士として働くことができませんから、栄養士の免許をもらうための申請手続きを忘れないようにしましょう。
調理師と栄養士の資格をあわせもっている人もいるのですが、調理師の資格は、実務経験を積んでからでなければ、受験することができませんから、調理師の資格を取得してから栄養士の資格を取得するというのは難しいので、まずは栄養士の資格を学校で勉強をして取得してから、どこかお店などで調理師の勉強を積んでから調理師の資格を取得するという方法で両方の資格を取得することが可能ではないでしょうか。
栄養士の資格取得後は、病院や保育園などの給食の献立を考えたり、さまざまなジャンルでの活躍が期待できます。

福祉資格

福祉資格といっても色々な種類がありますが、今、福祉資格を取得しようと考えている人はとても多いといわれていますが、福祉資格を取得しようと思っている人が多い理由としては、やはり高齢化社会に突入した日本の将来のことを考えて福祉の資格を選ぶ人が多いのではないでしょうか。
福祉の資格といっても公的資格と民間の資格がありますが、福祉系の資格の公的資格の中には、福祉住環境コーディネーターの資格、介護支援専門員ケアマネージャーの資格やホームヘルパーといった資格などがありますね。
福祉の資格は将来のためにもなりますし、自分の家族のためにもなりますから福祉資格を取得して働こうと思っている人も多いといわれています。福祉系の資格を持っている人はこれからもっともっと重要が高まるとされていますから、福祉系の資格を何か一つもっていると将来の仕事に役立つのではないでしょうか。
福祉系の資格には、国家資格のものや公的資格のもの、民間資格、任用資格のものなどがありますが、国家資格のものは特定の学校へ通ってからでなければ取得できない場合もありますし、実務経験が必要な福祉系の資格もあります。福祉系の資格といっても難易度もバラバラなので、簡単なものから取っていくと将来役に立つかもしれません。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク
1カードローン 審査 甘い10

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク
1カードローン 審査 甘い10